あの真夏のエロの夢のメンツが再び、まほろ座いやってきます!!!!

素晴らしいパフォーマンスの数々、夢のような冬の一夜をご堪能ください。

※今回、コンタクトジャグラーおこたんぺが事情により出演出来なくなりました。

代わりにボードビリアンBARONが出演します。

コンタクトジャグリングは出来ませんが、コンタクトレンズの付け外しは20年以上やってます〜。(byバロンより)

詳細、チケットのお問い合わせはこちら。↓

関東公演第一弾!!!

劇亭応援公演 ☆血縁キャバレー ☆☆☆

陽気な姉弟妹(きょうだい)による、ハッピーキャバレーショー♥♥♥♥

猛烈な歌うたい、中ムラサトコ(長女)、すっとぼけてて洒脱なボードビリアンBARON(長男)、小粒でピリリと辛いキュートなバーレスクダンサー、ライス(三女)、親戚に顔が似ているウッドベーシスト工藤精。              

エロとお笑いと血縁力に満ち満ちた一夜をお楽しみあれ〜。

2月22日(金)

出演

中ムラサトコ(ボイスパフォーマー)

BARON(ヴォードビリアン)

ライス ザ フロッグママ(バーレスクダンサー)

工藤精 ウッドベース

18時30分開場 19時開演

予約3000円 当日3500円

ご予約 劇亭HP[チケット予約]から

https://sites.google.com/site/asageki/home/yoyaku

ご予約受付中!

☆子育てはばくはつだぁ2019☆

子育てはアートである!!をテーマにした親子で楽しむワークショップです。

毎回様々な面白アーティストが、新しい視点で子どもたちを見つめ、観察し、子どもの中にある表現、生きているエネルギーの素晴らしさを、音楽やパフォーマンスを通じて発見します。

「オトのサンポ」 ナビゲーター:中ムラサトコ

2019年2月21日(木) 10:30〜 

紙でできた散歩道、音の風景の中を一緒に遊びに行こう〜!

料金:1500円(保護者1名+幼児2名まで)・要予約

ご予約・お問い合わせ

岩崎ミュージアム

TEL.045-623-2111

※ご予約は次回分のみとなります。

オトのサンポ ☆乳幼児のためのアートワークショップ

長いロールペーパーを使って、色んな声や太鼓のリズムと一緒に、大暴れして遊びます。

2019年2月20日(水)10時30分~11時30分

場所:根岸 LIVE BOX M6(Eスタジオ) 定員:20名 料金:大人1000円+幼児500円(要予約)

ナビゲーター 中ムラサトコ(ボイスパフォーマー)

強烈なボイスパフォーマンスと、オルガン弾き語り、 太鼓叩き歌いで、独自の音楽を展開。 ノルウェー公演をはじめ、フランスのサラヴァレー ベルのコンピレーションアルバムなどに参加。ダン スや芝居、ドキュメンタリー映画への楽曲提供、映 画音楽制作、絵本作家ミロコマチコの「けもののに おいがしてきたぞ」音楽制作など、多岐にわたる分 野で活躍。 乳幼児の為のお芝居「ぐるぐる」を15年間上演 (2014年厚生省児童福祉文化財作品)。 アートワークショップ「オトのサンポ」講師。 「誠実で、でたらめで、楽しげ」が人生のテーマ。 https://satokonakamura.amebaownd.com


根岸LIVE BOX M6 (Eスタジオ) モンビル6F

モンビル横浜根岸6階

〒235-0005 横浜市磯子区東町15-32-6F JR根岸線 根岸駅下車、徒歩1分

ご予約・お問い合わせ:

NPOコロンブスアカデミー 子育てスポットくすくす(藤本) 電話:045-761-0167

中ムラサトコがナビゲーターをつとめるアートワークショップシリーズ!新年一発目は

「ししまつり」でした。

ゲストナビゲーターは、画家、造形作家の富久千愛里さん。

世界に一つだけのオリジナルの獅子を作って商店街を練り歩こう!ということで

ワークショップに参加した子供達の様子です。

縁起物の可愛い獅子たちに、街の人も嬉しそうでした。

沢山カミカミして、福を振りまきました。来年もやりますよ〜。

お楽しみに。

横浜の冬の風物詩「アートリンク」

今年は画家、絵本作家のミロコマチコさんの「けもののにおいがしてきたぞ」がテーマになっています。

音楽は中ムラサトコが担当。

絵本見ながら、作曲したり歌ったり。とても楽しかったです。

一冬だけの不思議な空間。素晴らしい世界が広がっていますよ。

ぜひ、ツルツル滑りに行ってみてね。



*****************

『アタシノアシタ』

Hanbun.sato.coワールドへようこそ

コマ撮りアニメーション×ダンス×音楽

約2万枚の絵が織りなす繊細で美しいアニメーションを生み出す山内知江子。ダンスと芝居の狭間を自由自在に行き来するコンテンポラリーダンサー得居幸。どこの国ともつかない歌声や音で風景を奏でる中ムラサトコ。三人の女達が占う「アタシノアシタ」は、アナタノアシタを映し出す。摩訶不思議で力強く美しいパフォーマンスは、アシタを生きる全ての人への贈り物。


ハンサムレーベルの池田さんが、スンバらしいMVを作ってくれたよー!!!

この映像は、9月9日、内子町の旭館で開催した「旭館であいましょう」の一コマ。

内子町にあるゲストハウス「内子晴れ」スタッフ皆さんの協力のもと、たくさんの人が楽しんだいい1日でした。

建物は大正時代に建築された古い古い映画館「旭館」。

この建物を管理している森文の社長さんは、ここに人が集まって賑わうなら、建物を喜ぶだろうと、快く貸してくださいました。

今回の映像は、私が15年くらい前に作った歌を、今治のスティールパンバンドminamoの皆さんの力を借りて、復活。

最近、あまり見かける事のなくなった、夏の夕立ちの風景を歌っています。

すっかり寒くなった愛媛だけど、今年の夏の大雨の後の暑くて大変だった日々を思い出します。

水は怖いけど、水なしじゃ生きていけない。

水は命そのもの。

そんな気持ちが伝わる映像です。

レコーディングエンジニアはロスハンフリーさん。

スペシャルサンクス ビレッジホトトギススタジオ / 今治ジャムサウンズ

是非ともご覧下さいー!!!